レンタルオフィスを駅前一等地でお探しならincubator7。

運営会社

プリント
ホーム > ニュース&ブログ > Diary > 山尾志桜里氏「事実じゃない」

山尾志桜里氏「事実じゃない」2017年10月3日

恥知らずの上に虚言癖のある人物、山尾志桜里。ガソリンで嘘を付き、不倫で嘘を付く。人には説明責任があると絶叫し、自身は嘘を付きまくり、世間が忘れるまで逃げていく。

更新 産経新聞より

山尾志桜里氏「事実じゃない」、豊田真由子氏「恥を忍んで」…信頼回復目指しおわび行脚

街頭演説で女性と握手する山尾志桜里氏=1日、愛知県豊明市 街頭演説で女性と握手する山尾志桜里氏=1日、愛知県豊明市

 スキャンダルや不祥事を週刊誌に報じられ、所属政党を追われた前議員が選挙に向け、地元でのおわび行脚を続けている。「脇が甘い」「政治家の資質に欠ける」。有権者や支援者からは厳しい批判が飛ぶ。

 「注意深く行動すべき立場なのに、できなかった。政治家として未熟だった」。1日夜、愛知県瀬戸市で100人以上が参加して開かれた支援者集会。既婚男性との交際疑惑が報じられ民進党を離党し、愛知7区から無所属での立候補を予定する山尾志桜里氏(43)は、神妙な表情で反省の弁を口にした。

 ただ、「やましいことは一切無い」と疑惑を否定し「事実じゃないのに、党を離れるなんて思いもよらなかった」と述べた。

 「恥を忍んでおわびに参りました」。秘書だった男性への暴言や暴行を報じられ、自民党を離党した豊田真由子氏(42)。埼玉4区からの出馬に向けて街頭でひたすら謝罪する「心から反省し、全力を尽くします」と記したビラは、受け取らない人が多い。「お怒りをもって通り過ぎる方もいる」と豊田氏はいう。

カテゴリー:Diary

Copyright © incubator7. All rights reserved.