レンタルオフィスを駅前一等地でお探しならincubator7。

運営会社

プリント
ホーム > ニュース&ブログ > Diary > 8万円踏み倒しの知見と反省点

8万円踏み倒しの知見と反省点2018年6月19日

 
・そもそも詐欺で負った債務であるから踏み倒した。
・8万円くらいなら、先方にも落ち度があるし、見逃してくれることを期待した、甘かった。
・サービサーに売られることは想定していたが、どうせ1000円以下だろうから、1万円で和解できると思った、甘かった。
・140万円以下?は簡易裁判所の所轄であるため、弁護士ではなく従業員でも代理人になれるから、そこまでは想定内。簡易裁判所で判決が下りて、地方裁判所まで行くとは思わなかった。地裁は、弁護士しか代理人になれない、少なくとも2-3回は出廷しなければならないだろうから、弁護士を使えば費用倒れになる、地裁では争わないだろうと判断した、甘かった。
・このサービサーは地方の所在し、飛行機を使わなければ東京に来るのは困難だ、まさか弁護士代+飛行機代まで負担して東京地裁で争うとは想定外だった。この弁護士は、サービサーの取締役であるので、役員報酬の範囲内で、たぶん代理人料金はほぼタダでやったのではと推測する。
カテゴリー:Diary

Copyright © incubator7. All rights reserved.